大学入試【一点突破法】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学入試【一点突破法】

~『高得点につながる最速解法』を、短期間であなたも~

合格への条件② 実行力を育てる

合格への条件

勉強をやろうと意気込むのに

いざやり始めてみると...

 

 

だんだんに失速したり

他の方へ目が向いて注意力が散漫になったり

ということはありませんか?

 

 

そこでマインド関係の書物やネットでヤル気を引き上げ、高まったモチベーションの下で勉強をやってみても...やはり上記のことが起こってしまうのが人間だと、私は考えています

 

ある素晴らしい考え方や人に触れても

いつもだらしない自分がそこにいるのも

何をやってもつきまとう流れですよね...

 

これを打破するために

自らにカツを入れて

(やりたくもない)勉強をしてみますが...

 

それでもそれが長続きするはずもなく

またいつものだらけた自分に戻るのです

 

 

(あーっ、勉強が苦にならないような自分だったらなぁ...

と何度思うことか...)

 

 

こういうことになる原因として

1つ考えられることに、

 

 

「最初から達成できない目標」を立てて

頑張ろうとしてしまうことが挙げられるかと思っています

 

 

素晴らしい計画の下で

素晴らしい参考書問題集を目の前にして

イザ勉強を始めてみても

出来ない事が重なると

自分に対する自信を失ってしまい

そうなる自分が当たり前のルーティンに

なったりするわけです

 

こうならないためにも

そして今後勉強を継続していくためにも

簡単な1つの提案をしてみようと思います

 

 

 

(1)まずは自分への自信を少しずつでいいので積み上げていく

 

つまり

自分のレベルに合ったレベル&分量

をきちんと設定して

(易しく少ないレベルでも大丈夫!)

「まずは」それをクリアしてしまうことです

 

 

(2)そしてクリアした自分を褒めてあげる

(これは私もいつもやっています)

 

他人から見たら、え?こんなレベルのことで...

ってことを自らが想像してはいけません

 

勉強の最初のハードルをクリアするためには

「いったんの自己満足」を作る必要があります

(それを次へのバネとエネルギーへと転換させていきたいからです)

 

実はコレ

人にもよるかもしれませんが

モチベーションを上げてくれ

次の日のエネルギーを補充してくれます

 

仕事をしながら私はいつもコレで自らを鼓舞していき、作業効率を上げつつ作業量をさらに増やしていけてます

 

また過去、様々な局面でもエネルギーを創造してくれてました

 

 

 

そんな単純な...

って思うかもしれませんが

これが積み重なっていくと

莫大なエネルギーへと変えていけます

 

勉強で言うなら

勉強効率を上げながらも日々分量が増やせていきます

(今が低レベルで低量でも関係ありません)

 

 

大切なのは

「ヤル気を育てていく」

つまり

「僅かながらでも前進という成長をする」

という意識と実行です

 

こうして

あなたに必要な実行力が少しずつかもしれませんが育っていきます

 

(卑下して

自分を反省しても

前進にはつながりません

それは、逃避という名の休憩です)

 

 

良いサイクルの中で

少しずつ加速していく感が出てきてから

本格的なSTARTを切ればよいわけです!

 

良いサイクルにより

小さくても成功体験を作り

常に自分を押し上げていくことにより

少々な困難にぶち当たっても

クリアする力が湧いてくるものなのです

 

そこから

本当の継続力も生まれてきますからね

 

 

 

だからこそ

最初の助走段階で息切れしないよう

できる目標→実行→褒める

でしっかりクリアしていってくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に蛇足ながら付け足してみます

 

 

勉強力を上げて自らを成長させる機会に

実行力を育てることは

この先の人生に対しても何より大切な行為

だと考えています

 

この力を受験という機会に作れることを

素晴らしいことだと考えてください

 

 

想像をしてるだけでは創造にはつながらない

それを支えるのは

あなたが行動する力なのではないでしょうか?

 

 

勉強することが

そして受験することが

あなたを変えてくれる大きなキッカケになることを切に願っています