大学入試【一点突破法】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学入試【一点突破法】

~『高得点につながる最速解法』を、短期間であなたも~

絶対打破宣言③

成績が悪い
問題が解けない
ってことを悩みはすれど
そのあとの行動って起こしてますか??

つまり「勉強をする」という具体的な行動です

いや、やってるよ
今日も予習復習に忙しいからな

って人に言いたいです

「その勉強に必死になってるか?」


単語を覚える
解法を暗記する
ノートをまとめる
参考書を読む、、、

はっきり言って
面倒なことのオンパレードです

はたして
そういう勉強に「必死に」なっているのでしょうか?

片手間にやってませんか?

本当に点数を取りたくてやってますか?

今日のうちに絶対身に付けてしまうぞ!!!
という必死さはそこにありますか?

同じ勉強を
同じだけやっても
点数を取れる人と点数が取れない人に分かれていきます

何故だろう??
って考えてみたとき
そこに
「必死さ」があるかないかの差のような気がするのです

何の参考書をやるとか
そんな次元の前に
そのことに一生懸命になれてるか?
そこが勝負の分かれ目のような気がするのです

学生時代
勉強には人3倍くらい必死にやってたような気がします

何かに追われたわけではありませんが、そこには必死さがあったことは事実です

気がついたら
学力が上がっていたわけですが
そのやり方と言えば
泥臭く反復しながら
必死に必死にやってただけ
のような気がします

カードを作っては、覚え、捨て
ひたすら読んだものを暗唱してみたり、数学の解法を頭のなかで何度も何度も繰り返したり、、、
覚えられない英単語に嫌気がさして、何度も何度も単語集を破ってしまったりしたことも、、、
すべて必死さから生まれた行為のような気がします

覚えれなくて
解けなくて
涙が出てくるくらい
悔しさに溢れていたのも
必死さの表れだったような気がします

受験って
必死な自分を
自分のために表現していく場のような気がするのです

 

みなさんは
今やっている勉強に
一生懸命になっていますか?

必死にやれていますか?

いつもそのことを問いかけてみてください!

 

そういう満足を
この時期に体験していくことは
後々、本当に貴重なことなんだ
というのとが分かってきます

受験を終えて、人生を築き上げてちくとき
さらに実感していくと思います

 


受験は大変なイベントです

この時期に必死になれない人は
どこで必死になるのでしょうか?

いま、試されていると思って
目標達成に向かって頑張って下さい