大学入試【一点突破法】

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学入試【一点突破法】

~『高得点につながる最速解法』を、短期間であなたも~

なぜ、医学部が人気なのか?

コラム

 

最近医学部人気が過熱してきて、倍率、レベルも年々上がってきています。

今回はその理由について書いていきます。

 

①収入が一般企業に比べ、圧倒的に高いこと。
なんだかんだ言って、ここで選ぶ人が多いとは思います。
日本の平均年収は400万円ほどであり、
大学別平均年収でトップの東大、京大でもおおよそこのような感じです。

 

f:id:juken-support:20170305211506j:image

 

 

 f:id:juken-support:20170305211455j:image

 
https://doda.jp/careercompass/hitome/daigaku.html  から引用

一方医者の平均年収は1200〜1500万円前後で、(「医者 年収」で調べれば出てきます。)
大学病院で勤務する場合などは、多少年収が低い場合がありますが、
ネットで病院のサイトや医者の求人サイトで、見ればわかる通り、年収1000万円以上や、1500万円以上の求人も多く、中には2000万円を超える求人もあります。
このように東大、京大の2倍近くの高い年収を得ることができます。
※もちろん年収が高いから医者になった方が良いと、推奨してるわけではありません。


②勤務形態が多種多様であること
大雑把に書くと、医者は内科、外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、眼科、泌尿器科、麻酔科など多種多様な科から自分の希望の科に進むことができることに加え、
大学病院や市民病院や私立病院などに勤務する勤務医や、病院に勤務せず、自分で開業して仕事をおこなっていく開業医。企業などの労働者の健康管理などをおこなう産業医。病院や企業の研究機関などで研究をおこなっていく研究医などがあります。
また医者は基本的に病院に勤務しながら、全国の病院などが募集しているアルバイトもすることもできます。
この医者のアルバイトもネットで見てもらえるとわかる通り、時給1万円前後の所がほとんどです。
こういう理由から、特定の病院に勤務せず、病院のアルバイトや検診のアルバイトだけで生計を立てている方もいます。

 

③資格業であること
資格業のメリットといえば、やはり勤務先を自由に変えられることでしょう。
日本の会社員は一部の技術職を除いて、一度就職したらそこの会社で一生働くというのが一般的で、一度辞めると歳を重ねるごとに再就職をするのが大変です。
しかし医者などを含む資格業はその仕事としての経験が問われる仕事なので、転職や再就職がしやすい環境にあります。
そのため、産休や育休などが取りやすく、社会復帰をするのが容易で、かつ仕事場の上司や同僚と反りが合わない、また職場環境が合わないなどの理由で、勤務先を変えるということも容易です。

他にもあるとは思いますが、このように医者は安定的な仕事かつ高収入であることがメリットであると思います。
もちろん医者の仕事は科によっては激務ですし、大変なことも多いとは思いますが、
それ以上にやりがいのある仕事であると思うので、医者という職業に興味があれば、受験勉強は大変ですが、目指してみるのもよいかもしれません。

 

juken-support.hatenablog.com